鶴ヶ城の桜  樹の老化が目に見えて。 12日

ssDSC_0056[1] DSC_0048[2] 
最近の世界の怪しげな情勢や国会の愚直な動きを毎日、見せられいささか気持ちが落ち込む。久しぶりに朝青空がきれいに広がったので、お城へ散歩がてら行ってみた。桜は八分咲きくらいだが、あまりに桜の樹が古木になっている事に驚いた。50数年前に会津に来て、さくらの美しさに感動した事を思い出しながら、自分の歳を思いながら歩いた。救いは新しい廊下橋が金色に朝日に輝いて鏡の様でした。
DSC_0067[1]