「あきらめない生き方」 ピアノニスト辻井伸行さんの母の講演を聞いて 21日

o0576026013271903253.jpg 
辻井伸行さんのピアノ演奏はとても好きでこれまでもテレビの演奏はほとんど録画をしている。演奏会は会津でも風雅堂でおこなわれましたが、クラシックの講演会としては異例なほど満員になって驚いた。
音がきれいな事、テレビでも紹介されているし、全盲のピアノニストだという話題性もあったのか満席で、皆が感動するような演奏だった。
その後、大宮などにも行ってきました。
こんどは交響曲の演奏会にも行ってみたいと願っている。

講演の内容はこれから孫たちの成長にも役に立つおはなしだった。自分自身にも障害を持った子供がいて苦労して育ててきたが、これほどの才能を持った子供ではなかったので普通で良いと願っていた。ただ人に迷惑をかける人間にはならない様に、それだけは言い続けてきたように思う。今は自分の好きな仕事を自分で見つけて、頑張っている姿をみると、何度もくじけそうになっていた自分だったが、どんな仕事でも良いので、張り切っている姿は嬉しくおもう。いつまで健康に過ごせるかわからないが、穏やかに老後を迎えらるように願っている。なおの事今日のお話は心に響いた。
   ①子供の可能性信じる          220px-NobuTsujii_Carmel_2011.jpg 
   ②よく観察し、才能の種を発見する。
   ③始めるのに「早すぎる」はない。
   ④思い切りほめる。抱きしめる。
   ⑤ネガチィブな言葉は使わない
   ⑥本物に触れさせる。
   ⑦いい先生を見つける
   ⑧明るく楽しく、あきらめない。
    その他
20才になってからは、母親を頼らないで演奏活動をしているとか、お母さんには自分の出来る仕事をして下さいとの願いであったらしい。
この講演を聞いて、孫たちの成長にも、自分達の過ごし方にも、とても参考になるお話だったと、聴いて良かったとおもった。

コメント

非公開コメント