庭の樹が育ちすぎて

jDSC_0002[1]梅雨に入る時期は庭の植物が育つ季節だ。 
23年を過ぎた庭の樹が大きく育って伸びた葉がご近所の迷惑になってきた。庭仕事を趣味としている草取り爺さんとしては、自分で植えた樹も沢山有り、切らなくてはならない現状に複雑な思いが有るらしい。葉っぱが伸びたとご注意が来たので植木屋さんに2日をかけて周りを伐採して貰った。思いがけず2階建ての隣が出来たりして庭の雰囲気が変わってしまう現実が有って、庭の仕立てはほんとに難しい。田舎町に少々の庭を持ち、季節の移り変わりの楽しみを持ちたいと住んで居るのだから、樹を植えてはいけないとは思わないとの気持も分かるが、一本の樹も植えて居ないご近所が有る事も現実、疲れてしまった。 

hDSC_0001[1] 

コメント

非公開コメント