白河関跡ときびたきの森 

野草の会に参加して白河の関跡の公園を散策した。広い森を公園にして花見山を目指して様々な樹々を植樹している。
DSC_0037[1] 
子供達と鯉のぼり
DSC_0061[1]
白河関跡の公園を散策した。広大な森林に公園が作られていて、山野草が沢山自生していて、春は山野草が沢山咲いています。
不思議な野草に驚きその生き方にたくましさを感じました。
DSC_0026[1]DSC_0004[1]
大マムシグサ 
 DSC_0065[1]
ウラシマソウ(サトイモ科) 付属物が仏炎包から飛び出る様を釣り竿にみたてた様に見えて非常に興味の持てる植物。沢山咲いていますが、葉に隠れて見落とす事が多いらしい。グロテスクなツルが伸びて花に入っている様は初めて見た。
  
DSC_0085[1] 
DSC_0007[1] DSC_0009[1] 
DSC_0018[1]
                                    エンレイソウ                           エゾエンゴサク
DSC_0012[1]eDSC_0015[1]
DSC_0077[1]
歴史を感じる樹木  藤のツルが切られることも無く大木に巻き付いていて6月の花が見られる。
DSC_0063[1]
DSC_0020[1]
休憩でよった白河南湖にて。桜の樹は綺麗な新緑でした。
        DSC_0103[1]          

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。